先生方の紹介

先生方の紹介(平成29年度)
 

たまき先生
たんぽぽ組担当

現在インターナショナルスクールの幼稚部で日本語クラスやその他のクラスのアシスタントとして勤務中。


娘を少しでも多くの日本文化に触れさせたく、さくら会に入会した事がきっかけで、この度たんぽぽ組の先生になる事になりました。たんぽぽ組は、初めてひらがなの読み書きに触れる子が多いかと思うので、とにかく日本語に興味を持ってもらえる様、子供達の心をつかむ様な手作り教材を使い、ひらがなを始め、日本の四季や文化等を教え、歌や工作も取り入れた楽しい授業にしたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。


吉川先生
ひまわり組担当

ポートランド州立大学 応用言語学 修士号取得

私立フル・サークル・カントリーサイド・スクール(K5)にて外国語としての日本語プログラムを5年間担当

2014年9月よりさくら会幼稚部を担当

日本語・日本文化を次世代に継承していくことの難しさ、また家庭外における日本語環境作りの重要性を、子育てを通じて痛感しています。ひまわり組では「聞く、話す」を中心に、子供達が日本語環境にどっぷりと浸れるよう活動していきたいと思っています。「温かく、楽しいクラス」を目標に掲げ、子供たちが頭だけでなく、心も日本語・日本文化と繋がっていけるようなクラス作りを目指していきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。


マイケルズ先生
ゆり組担当

北海道大学大学院 日本語学 修士号取得

グラント高校 日本語イマージョンプログラム インターン教師 1年間担当
マウントフッド・コミュニティーカレッジ 日本語講師

2017年4月よりさくら会ゆり組を担当

ゆり組は、ひらがなとカタカナの読み書きができることを第一目標としています。子どもたちが楽しいと思いながらも、小学生になる前の心構えや気持ちを学ぶことができるクラスにしていきたいと思います。グラント高校やコミュニティーカレッジでの教育経験から、子どものときにもう一つの言語を習得することは、とてもすばらしくて大事なことであると考えています。ゆり組での勉強が、子どもたちにとって有意義な経験になれるよう頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 
吉田先生
1組担当

愛知県生まれ

愛知教育大学にて教育学部卒業 
幼稚園教諭第一種、小学校教諭第一種免許を取得

2010年より2年間さくら会幼稚部、その後、1組を担当

1週間に1度、2時間のみのさくら会で、子ども達がお互いにクラスの友達に親しみを感じ、一緒に日本の行事や体験を通じ、いきいきと活動しています。その姿の成長を1年を通してみられることをたいへん嬉しく感じています。宿題をうれしそうに持ち帰る子、1週間の現地校の様子を楽しそうに話してくれる子、一人ひとりの子どもの言葉にゆっくりと耳を傾けられるのも、少人数のさくら会こその魅力だと思います。保護者の皆様のご協力をもとに、子どもたちと一緒にすばらしいクラスを作り上げられることを楽しみにしています。

 
木村先生
2組担当

日本女子体育大学卒業 中学高校の教員免許修得、アラスカ州アンカレッジ日本人補習学校教員

この度、さくら会にて小学部2組を担当する機会をいただきました。現在小学部は生徒数も少なく、各生徒の成長が身近に感じられる中で個性を大切にして、各自の持っている力を引きだしていけるように、学習内容を考えながら進めていきたいと思っております。 日本の四季並びに文化行事を通して、熟語、漢字の習得や日本語で表現すること(話す、書く)を、楽しみながら学んでいってほしいと願っております。


三輪先生
3組・5組担当

2015年9月よりビーバートン高校の日本語プログラムを担当

2014年4月よりさくら会小学部を担当

縁ありまして親日意識高いオレゴンで日本語教育推進に関わるなか、2013年度に娘のさくら会入会をきっかけに先生としてのお手伝いも始まりました。生徒各自のレベルに合わせて日本語力と異文化への意識が深まるように授業を展開できるよう心がけています。どうぞよろしくお願いします。


ホームギャラリーカレンダー先生方の紹介学習内容体験入学さくら会についてEnglish Page